【職場の数分間スピーチネタ帳】
ご存じのとおり,私は絶賛厄年中です。
今年も半分を過ぎましたが,幸い,大きな厄には遭っていませんが,
地味にボディーブローのように効いてくる災厄がここのところ続いております。

7月の3連休の前日,金曜日の夜,私は,温泉に行こうと思い
車で出かけました。

駐車場をでるためにエンジンを始動したのですが,
エンジンの掛かりが悪く,キーを回してもキュルキュルいう時間が
とても長く感じました。

温泉に停めて2時間くらい温泉に入って
帰ろうとエンジンをかけたのですが,さっきよりもさらに
エンジンの掛かりが悪くなりました。

これは,バッテリーに異常があるんだろうと思い,
明日は掛からないらないかもしれないと思って,
もし,掛からなかったら大家さんの車にブースターケーブルを繋いでもらえるように
大家さんの車の近くに駐車しました。

翌日の朝,ホームセンターに持っていこうとエンジンをかけたら
とうとう,かからなくなりました。
ただ,どうもバッテリーが原因ではない気がしました。
というのも,室内灯をつけてみたら
はっきり明るくついて,計器類もはっきりくっきりしていたのです。
バッテリーあがりなら,室内灯や計器類は暗くなるはずなんです。

そこで,大家さんの車につないでも
掛からなかったら申し訳ないので,
自動車の任意保険に付帯しているロードサービスを呼びました。
オペレーターの方の対応もすごく良くて
30分~40分くらいでロードサービスの方が軽自動車で来てくれました。

ロードサービスの方も,最初はバッテリーを疑っていて
計器で電圧を図ったり,充電してくれたりしましたが,
何をどうやっても掛かりません。

セルモーターが悪いのかもという話になって,
セルモーターを金属の棒でたたくという応急処置をしましたが
それでもエンジンがかかりません。

仕方がないので,修理工場までレッカー運送してくれることになりました。
ロードサービスは50kmまでレッカー運送が無料なのですが,
いつも妻の実家(都城から80km)で車検や修理をしてもらっているため,
これが使えません。

ロードサービスの人は,なぜだか,どこに運べばいいか?ということは聞いてくれるのですが,「うちで直しましょうか」とは言ってくれません。

しょうがないので,「おたくで修理してもらえないか」と聞いたら
「わかりました。うちも自動車工場なので修理はできますよ。
ただ,ロードサービスの約束事として,自分からセールスはできないもので
すみませんでした。」と言われました。

その後,軽自動車で来ていたロードサービスの人はいったん自社にもどり
レッカー車で再度出直してきて,無事,愛車は運ばれて行きました。
長男は,車が持っていかれたと思って号泣していました。
ただ,私は,てっきり地元の自動車工場の人だろうと思っていたら
まさかの霧島市福山町の整備工場の方で,
代車(軽自動車)を貸してくれはしたのですが,取りにいかねばならなくなりました。

おかげで3連休は,車がなく,どこにも出かけることができませんでした。



[PR]
by akitaka_1040 | 2016-07-19 13:00 |